読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*猫とLucie*russianbaron's diary

猫にまつわるいろんなお話。

【猫コラム①】ペットショップの売れ残りの猫さんに思うことーアメリカンショートヘアの男の子ー

猫のこと


【2017年春夏新作】*メール便不可*【RADICA*ラディカ】2017SS・RADYキルトラウンドベッド・Mサイズ【猫 ベッド】【ペット マット】【春・夏用 ベッド】【ラッピング対象外】

Salut, Lucieです。

 

Lucieの家の近くの、ペットショップのお話です。

お買い物をする前や、お買い物をした後に。フードコートで軽くご飯を食べた後に。といった感じで、ここのペットショップは、たえずお客さまでにぎわっています。トリミングも人気があるようで、毎回かわいらしいワンちゃんの、シャンプーやカットをしている姿を、ガラス越しにみることができます。

 

でね。そこに、一匹の猫さんがいます。

アメリカンショートヘアの、綺麗な男の子。

 

以前は、みんなと同じように小さくて、ガラスのケージに入っていて、普通に売り出されていたのだけど。

 

3ヶ月を過ぎ。

4ヶ月を過ぎ。

5ヶ月を過ぎ・・・

 

今は、「トレーニング中」という、みんなとは違うケージの中に入っています。

 

もうね、大きいんです。アメショだから、きっと、たくさんたくさん、遊んだり走ったり、甘えたりしたいだろうなって、思うのです。

 

でも、あまり動きません。狭いケージの中で、空ろな目で、丸くなっているのです。

 

それでも、値段は下がりません。そして売れていくのは、生後2~3ヶ月の、かわいくて小さな赤ちゃんばかり。

じゃあかわいそうだから買います!と、簡単に言ってあげたいけれど。

何十万で、この狭いケージから、救ってあげたいのだけど。

力不足で、ごめんね。

 

体はどんどん大きくなるのに、「アメリカンショートヘアー」という、純血種の血統書付きが、ペットショップ側が値段を下げたくない理由なのでしょうか。

 

この子はどうなるのかな。

会いに行くたびに、切なくなります。

f:id:russianbaron:20170306184636j:plain

 

売れ残りの猫さんたち。

それでも、必死にいきているのです。

 

答えはでないのですが。

 

merci, À bientôt.

 

よろしければ「ぽち」お願いします。


にほんブログ村

 


【あす楽】NEWルスモ ペットフィーダ / 自動給餌器 ペットフード ドライ 犬用 猫用 るすも 犬 猫 ペット 自動 餌 えさ えさやり LUSMO ペット 自動給餌器 正規品 イエロー オレンジ レッド #st-lusmo